元カノとの復縁に本気なのに、今も元カノと復縁できない男性へ

 

100回叩けば壊れる壁があったとする。
だけど何回叩けば壊れるのか分かってないし、実際何回叩いても壊れてくれないから、

 

90回まで叩いてきたのに諦めてしまう。

 

 

おそらくはご存知の方の言葉。名言と言えるかもしれませんし、元カノと復縁できなくてもがいていたとしても、実は貴方は90回叩いている状態なのかもしれません。

 

 

兎にも角にも、貴方のその彼女を想う気持ちが、無になってしまうことは避けなくてはなりません。

 

おかしくないですか?間違ってもいない気持ちや感情が、あたかも否定されたかのような状況に陥ってしまっていることを。

 

そういった状況が長く続く、いつまで経っても解決の糸口が見つからない。

 

彼女への想いは本物なのに…

 

 

そこまでなってしまうと、自信を失った状態になっています。
これは非常に好ましくない状態です。

 

何故なら、元カノを想っている時以外においても、言動に支障をきたしてしまっているからです。

 

仕事に集中できない。すぐイライラしてしまう。お酒を飲んで気を紛らわせていたり、友人知人に愚痴ったりしている。

 

ただただ時間だけが過ぎ、その間は充実感というものが全く得られていない。

 

これでは日々の生活がどんどん悪循環になってしまい、益々元カノとの復縁が遠ざかっていきます。

 

 

貴方は、復縁に限らず過去に何か困難にぶち当たった瞬間があったと思います。
その時はどうされていましたか?

 

もしかしたら、時間が解決してくれてどうでもよくなった時もあったかもしれません。

 

しかし、こと復縁に対しては、時間の経過イコール元カノとの疎遠を意味します。
うまくいっていないのなら、何処かのタイミングでこれまでと異なる行動を起こさなくてはなりません。

 

 

貴方が、元カノとの復縁に本気であるにもかかわらず復縁の方法が見えていなければ、これまでの考え方や行動を変えない限り、何も変わりません。