元彼との復縁方法がわからない・・・ 元彼と復縁できた女性が元彼へ与えていた3つの好印象

 

元彼との復縁が叶っていない間は、

 

何で分かってくれないの・・・?
どうすれば気持ち伝わるの・・・?

 

と、思わされることばかりだけれども、

 

復縁できない人のパターンというのは、そもそも彼に分かってもらうって何?の部分が気づけていないところが大きい。

 

 

別れ話されて、今はそこを直せた。

 

けど、復縁できなかった・・・としたら、
別れ話してきた彼の言葉は本音ではなく、別れるための都合を並べていた可能性もある。

 

 

だけど、元彼と復縁するためには、別れてしまった原因を見つけ、そこを直さなければ、時間だけが過ぎていくだけだし、

 

そこが合わない限りは、どんなに自分を直せても復縁することは叶わない。

 

 

とはいっても、過去には元彼と復縁できた女性もたくさんいたわけで、

 

その人たちと今の自分との差。

 

 

復縁できずに時間だけが過ぎている状態だったとしたら、その差を確認してみるのも悪くないと思う。

 

 

元彼と復縁できた人のタイプは様々だけど、元彼と復縁できた人が直していた部分はだいたい3つにまとめられて、

 

そのうちの一つが、
付き合ってた頃よりも癒しを与えてくれる。

 

という印象を元彼が持つようになった。

 

 

人が恋愛をするのは、癒しを求めるというのも要素としてあり、そこを大事にする元彼であれば効くと思う。

 

お付き合いの先には、結婚も一つの選択肢として存在するから、これから先の普段の生活を考えた時、
癒しの要素も持ち合わせられるようになることで、これまでとは見方を変えてくれる可能性はある。

 

 

もう一つのパターンは、
付き合ってた頃よりも刺激を与えてくれる。

 

という印象を元彼が持つようになった。

 

 

癒しだけに限らず、それだけではいずれ
平凡・・・ 飽き・・・

 

という感情も芽生えやすくなるから、メリハリのある付き合い方ができるようになるだけでも、意外に必要とされる存在になれたりもする。

 

 

最後に、
付き合っていた頃よりも笑顔が多くなり、しかもそれが素敵に見える。

 

という印象を元彼が持つようになった。

 

 

女性の笑顔が与えるインパクトは、女性自身が考えている以上の効果がある。

 

笑う門には福来る
女は愛嬌

 

とも言われるけど、これらの言葉は今の時代よりも物や情報がはるかに少ない時代に生まれた言葉。

 

そして、過去に生まれた言葉というのは、何らかのきっかけで得た苦労や苦悩や失敗であり、そこから生まれた教訓であるからそういった言葉はよりストレートだともいえる。

 

笑顔でいることだけで役に立っている部分は大いにある。

 

 

これらだけで復縁できたら苦労はないけれど、これらを生み出すには心にゆとりがないとできない。

 

そして、ゆとりの有り無しは結構相手にも伝わっている。

 

ゆとりの無さは焦りとして表れ、それは復縁を目指す部分におけるマイナス要素。

 

 

だからまず、この3つのことへの意識を持つようにして、復縁活動を再開させるだけでも変わってくると思う。