振ったのは元彼なのに元彼から会いたがるのは私を都合よく扱おうとしているから?

 

振ったのは元彼のほうなのに、それからも会いたがるし、実際に会っている。

 

会えること自体はこちらも嬉しいから会うし、もちろん彼も楽しんでいるみたいだから悪くないけれど。

 

 

でも、会えるだけで以上も以下もないから、どう思っているのだろうか?

 

好きなのに別れを告げられて、でもまたこうして会えているから、彼とまた付き合えるのかも・・・

 

 

でも、結局それは、都合のいい女として見られているだけ。

 

付き合ってるわけじゃないから彼は責任ないし、それなのに満たしてもらえているから、会いたいと思うときに声をかけてくる。

 

 

それに、こちらも喜んで飛びつくから、それがだんだんとエスカレートしていくだけで、
元彼は復縁したい気持ちも起こらなければ頑張りもしない。

 

 

それなら一生復縁できないの?と思ってしまうかもしれないけど、
普通に考えて、別れたのに好きな人と会えている今の環境というのは本当に恵まれていると思う。

 

 

それでも虚しい悲しい馬鹿みたい・・・みたいな感情が起こっていたとしたら、それはただ、今うまく行ってないからそう思ってしまうだけ。

 

元彼と会えていることを武器にして味方にして、これから先は復縁に近づけることを考えて接していったほうがいい。

 

 

元彼と会えても復縁にまで進展しないのは、貴女の今の行為で元彼の心が満たされてしまっているから。

 

それが疲れを感じてしまう原因にもなっている。

 

 

そういう時は、元彼のお願いを聞くだけではなく、2〜3回そういうことがあったら、次のお願いは断る。

 

断ってばかりだと本当に捨てられかねないから、お願い自体は聞いてあげるけど、聞き続けるのは2〜3回。

 

 

そうすることで、元彼からしてみたら、
いつもと反応が違うな。どうしたんだろう?という感情が芽生えるし、

 

別に彼にすがらなくても私は毎日満喫してるよ。という態度も少しずつ見せていくことで、
元彼のほうから貴女へ距離を感じるようになってくる。

 

 

そういう感情が元彼に芽生えるということは、貴女へ感情の矢印が向いていることになっているから、
これまでよりは人として見てくれるようになる。

 

 

断る理由に困る時があるかもしれないけど、難しく考える必要ななくて、
「友達と会うから無理」くらいでも、元彼からしてみれば自分最優先だったはずが・・・という心理に変わってくるので効果は十分。

 

そういう姿勢を何回か見せるステージに入ったら、今度は彼のほうが不安になってくるから、
その時はもしかしたら、元彼のほうから誘ってくる流れができてくるかもしれない。

 

 

これは、ある意味元彼と主従関係みたいになっていたところから対等の関係に変わってきているし、
復縁がうまくいった人というのはその状況を作ってきたということだから。

 

それまでは貴女だけが喜ばせていた状況から、元彼からの誘い=喜ばせてくれる状況も生まれてくるということで、これが復縁には大きいこと。

 

 

今でも元彼と会えるというのは、復縁に大きなアドバンテージ。

 

自分を見失わずに元彼と向き合っていくことでリカバリーできるチャンスはまだまだ残っているから。